ブログ

★豆知識★

16.05.19

≪旬の食材≫
旬の食材は、おいしく、栄養価も高く、しかも経済的です。
本来の収穫時季にとれたものを食べるのは、体調を整えるため
にも大切なことです。
「旬」の食材を取り入れて健康づくりにも役立てましょう。
※旬の時期は地方や天候により前後します。

●おかひじき
おかひじきは北海道から九州の海岸砂地に自生する植物です。
ビタミン類、ミネラル類が豊富で陸の海藻とも呼ばれています。
特に、カルシウムはほうれん草の数倍含まれています。おいし
く食べるポイントは、緑色が鮮やかで葉がシャキッとしている
ものを選ぶことです。茎や葉の柔らかい部分をさっとゆでて、
おひたしや和え物にするのがおすすめです。

ダウンロード

●そらまめ
そらまめは植物性タンパク質を含み、ビタミンB1、B2、C、葉
酸などのほか、カリウムや鉄も豊富です。そのため、疲労回復
や貧血予防によいとされています。さらに食物繊維も豊富に含
んでいるので、便秘解消にも役立つ食材です。そらまめは、さ
やから出すと鮮度が落ちるのが速いので、できるだけさや入り
のものを選ぶようにしましょう。
images (2)
●紫蘇(シソ)
紫蘇(葉)は特にカロテンが豊富に含まれています。カロテン
には抗酸化作用があるので、環境の変化などのストレスで体調
を崩しやすいこの時期は、積極的に取り入れたい栄養素です。
また、紫蘇といえば爽やかな香りですが、これは「ペロアルデ
ヒド」と呼ばれるもので、防腐・殺菌作用を持っています。
これから暖かくなって食中毒が気になる季節になりますが、
紫蘇を使って工夫してみるのもよいですね。
images (1)

<以上、健康管理士ニュースより抜粋>

 

石井はそらまめを揚げて食べるのが大好きです

2016-05-07 19.36.34

こんな感じ。

揚げると中身がはぜて出てくるので面倒な皮むきが不要♪

とにかくめんどくさがりの私はこれが大好き。

ハーブ塩をまぶしてほくほくの豆をいただきます♪

おかひじきはサラダにしたり、おにぎりに混ぜたりとなんでも使えますよ♪

おかひじきと青じその混ぜご飯なんかもおいしいですよね。

 

おいしく楽しく健康に♪

ページトップ