ブログ

今日から使えるマメ知識!Vo.14

15.10.15

アロエベラ

昔からアロエが外用では傷や火傷、内用では便秘に効果があると

言われているのはどこかで聞いたことがあるかもしれません。

 

アロエの中でも種類があったってご存知ですか?

主に観賞用に栽培されていて葉肉部分が薄いのがキダチアロエ

現在では食用に栽培されていて葉肉部分が厚いのがアロエベラといいます。

アロエヨーグルトなどにコロコロ入っているのがアロエベラです!

 

昔は、アロエは食用にはできない理由がありました。

それは、どちらのアロエにもアロインという

下剤効果のある成分が含まれていたために

食用にするには問題があると言われていたからです。

このアロインは葉の外皮と葉肉の間にあり、

葉の外皮と一緒に剥いてしまうことで取り除くことが出来ました!

しかし、それは葉肉の薄いキダチアロエではできなかったため

葉肉の厚いアロエベラが食用・化粧品にまで利用されるようになったのです!!

 

外は緑色の葉でつつまれていますが、外皮を剥くとゼリー状の葉肉が詰まっています!

 

アロインが含まれる部分は日本でも薬として取り扱われていましたが

アロエベラからアロインを取り除いた葉肉を、

ジュースや化粧品の材料として用いることは認められたのはアメリカが先で

日本では認められるのに時間がかかったそうです。

なぜこんなに「アロエベラ」が注目されるかというと

「アロエベラ」にはこんな力があります!!

  • 食物繊維を含み、腸内の善玉菌のエサとなるなど、腸内環境のバランスを整える
  • 一緒に摂取した栄養素や栄養成分の働きを助ける

アロエベラのゼリー部分には、ビタミン・ミネラル類・多糖体(食物繊維)など

さまざまな有用成分が含まれています。

今話題の腸内環境を整えてくれる効果もあるので、

毎日の健康と体調不良やダイエットなど栄養を取り入れたい人にもおすすめです!!

 

ちなみに…

ダイエット専門サロンの*fleuri*でも体内の健康を整えるところから始めるので

アロエベラジュースをおすすめしています♪

 

日本国内累計販売数 1億1,700万本以上! アロエ健康食品 国内シェアNo.1 国内シェア出典「健康関連食品の現状と将来展望2013-2015」(合資会社 戦略企画 刊)

 

特に*fleuri*で取り扱っている「アロエベラジュース」は

農薬・化学肥料・保存料を一切使っていない安心・安全な飲み物であり、

さらに!様々なところから認定されています!安心して飲んでくださいね♪

 

国際アロエ科学評議会・品質認定マーク
国際アロエ科学評議会は、アロエベラ産業の発展を呼びかけるために

1981年1月に、非営利的な団体としてアメリカのテキサス州オースチンに

全米アロエ科学評議会として設立され、

1983年に国際アロエ科学評議会として確立されました。

その目的は、①アロエの識別や規格統一の確立、②製造過程におけるアロエの情報の提供、

③アロエの栽培期、製法、安定化についての確かな情報の確立、

④アロエの成分はどういうものであるかを研究し促進することです。

フォーエバーのアロエベラジュースは国際アロエ科学評議会の品質認定基準を

満たしていることの証として認証マークを表示しています。

 

コーシャーマーク
Kosher(コーシャー)は「適正な」という意味を持ち、

ユダヤ民族の宗教であるユダヤ教の権威あるいくつかの団体が、

コーシャーの規定に基づいて厳密な調査をし、ユダヤ教徒の食事に適した食品と

認定したものにのみコーシャーマークの表示が許されます。
※ユダヤ民族は、食生活に関する大変厳しい規律があることで有名な民族の一つです。

 

ハラールマーク
Halal(ハラール)はイスラム法において「合法である」、

「健康的、清潔、安全、高品質、高栄養価である」ことを意味します。

従ってイスラム法に則った基準を満たしているだけでなく、

工場や施設内の環境が健康的、清潔、安全で、商品が高品質、高栄養価

でなければハラールマークの表示は許されません。
※イスラム教徒は常に清潔を保つことを自らに課し、自分が摂取するのにふさわしい、良いものしか他人にも与えません。ハラールマークが表示された製品は、イスラム教徒のみならず誰にとっても健康的で良いものであると言えるでしょう。

 

日本成人病予防協会推奨マーク
医学団体 日本成人病予防協会の実施する推奨選定制度」は、

国民の健康維持増進」に欠かせない健康管理に関する商品やサービスに対し

、各分野の専門家による厳格な審査を行い「品質と安全性」に優れ、

消費者が安心して使用することができる基準作りを目的とした制度です。

 

 

今日から使えるマメ知識!バックナンバー!

↓もっとマメ知識を知りたい方はこちらをクリック↓

http://www.fleuri-aroma.net/2015/08/14/1009/

ページトップ