ブログ

今日から使えるマメ知識!Vo.11

15.09.26

「ストレスを抱えたとき身体の働き」

疲れ・頭痛・腹痛・胃痛・肩こり・首こり・目の疲れなどなど...

ストレスから引き起こされる体の不調ではよくありますよね...

 

ストレスってよく耳にする言葉ですよね

でも!ストレスってどんなものか知ってますか?

ストレスとは...

何らかの刺激による「ココロや身体の状態」のことです。

例えば、苦手な上司に嫌味を言われたとします。

この場合は...

ストレスの原因:苦手な上司が私に言った嫌味

ストレス:自分が感じたイヤな思い・腹立たしさなどの気持ち

ということになります。

 

例えがマイナス思考のものが多いので間違われやすいですが、

ストレス=イヤなこと!というのは間違いなんです!

ストレスと感じるときってイヤなことがあった時ではないですか?

人間関係・仕事のプレッシャー・ノルマ・長時間の通勤・多忙・騒音・お金がない・不満などなど...

しかし、ここが勘違いしやすいところなのですが、「ストレス=いやなこと」というのは間違いなんです。なので!
  • 苦手な上司と1日中、一緒に仕事をしなければならないのも
  • 好きな人と久しぶりに1日中、一緒に過ごせるのも
  • 憂鬱なテストのためのテスト勉強がなかなか終わらないのも
  • 楽しみにしている音楽祭に向けての、大好きな吹奏楽部の練習も
  • 連休が終わり、明日から仕事...も
  • 連勤が終わり、明日から連休で旅行だー!も

ぜーんぶ!ストレスに入ります!

イヤとか楽しいとかは関係なく心と体に受けるありとあらゆる刺激 = ストレス なのです!

 

ちなみにストレスのない状態とは...

何の変化も起こらない状態。ということ

温度も音も光も何も、何もかもがまったく変わらない状態。例えば...静かでぽかぽか陽気の昼さがりに、のんびりとうたた寝しているような状態

 

ではストレスが起きた時の身体の働きとは?

①ストレスの原因がやってきます...

②すると、その原因に対して脳や神経、様々なホルモンが

  闘争・逃避の準備反応が身体の中で起こります!

③身体が十分に警戒した状態になり、

  血圧・心拍数・酸素消費量・筋肉への血流量が増します!

  *全力を出すためや頭がさえるために!

④ストレスの原因に対処をする

対処できると元の状態へ or 対処できなければ、ストレス状態に!

 

この状態をよくゴムボールにたとえられます!

反発し、元どうりになるもの・反発できずへこんでしまうもの

わかりやすいですね!

そのストレス解消法は人それぞれではありますが!

ストレス後に引き起こされた疲れは自宅で!自分でも!解消方法があります!

9月30日に解消法も盛り込んだセミナーを開催します!

ぜひぜひご来店ください♪

自分でできる!リンパ&免疫ケア

 

今日から使えるマメ知識!バックナンバー!

↓もっとマメ知識を知りたい方はこちらをクリック↓

http://www.fleuri-aroma.net/2015/08/14/1009/

ページトップ